ウズベキスタンに対する無償資金協力「省庁間の機動的なチーム設置を通じたウズベキスタンにおけるアフガニスタン産麻薬取引防止計画」に関する書簡の交換

 2016年10月20日、タシケントの国連薬物・犯罪事務所(UNODC)中央アジア地域事務所において、伊藤大使とアシータ・ミッタルUNODC中央アジア地域事務所地域代表(Ms. Ashita MITTAL, the Regional Representative of the Regional Office for Central Asia, United Nations Office on Drugs and Crime)との間で、平成28年度無償「省庁間の機動的なチーム設置を通じたウズベキスタンにおけるアフガニスタン産麻薬取引防止計画(UN連携/UNODC実施)」に関する書簡の交換が行われました。式典には、ウズベキスタン側からも、アフメド・マンスーロフ閣僚会議国家麻薬管理情報分析センター所長を始め、本プロジェクトの実施に当たる関係当局の代表が出席しました。


 本プロジェクトは、アフガニスタン産の麻薬がウズベキスタンを含む、いわゆる「北方ルート」を経由して不法取引されている現状を受け、ウズベキスタンにおける国境管理、輸出入管理及び麻薬取締等に従事する機関の能力強化を図るとともに、複数の機関の要員によって構成される新たな形の機動チームの設置・運用を支援する無償資金協力(限度額:2億6300万円)で、UNODCがウズベキスタン側関係当局とともに実施に当たります。


 2015年10月の安倍総理大臣の中央アジア訪問において、日本とウズベキスタンは、麻薬対策・国境管理の分野で協力していくことの重要性について一致しており、また、日本側は、UNODCを含む国際機関との連携を含む協力を継続していく用意があることを表明しました。本プロジェクトは、そのフォローアップとして重要な案件であり、UNODCがこれまでに中央アジア地域への支援を通じて培ってきた知見を活用しつつ、ウズベキスタン側関係当局と密接に連携して実施することで、アフガニスタン産麻薬のウズベキスタンにおける不法取引の撲滅に向けた成果、さらには日本・ウズベキスタン・UNODC間の協力関係がより一層深まることが期待されます。