新型コロナウイルス危機対応のための財政支援円借款の供与

2021/3/26
1
2
3
4
  3月26日、藤山美典駐ウズベキスタン日本国特命全権大使とオディルベック・イサーコフ財務省次官との間で、新型コロナウイルス危機対応のための財政支援を目的として、150億円(約13600万ドル、金利0.01%、償還期間15年(4年の据置期間を含む))を限度とする円借款に関する交換公文の署名が行われました。

  本円借款は、世界銀行との協調融資によって、新型コロナウィルスの世界的感染拡大により大きくダメージを受けたウズベキスタンの社会・経済の安定及び持続的発展に寄与することを目的としたものです。

  新型コロナウイルスの感染拡大により、人の往来や物流をはじめとする経済社会活動がグローバルな規模で停滞しています。こうした影響をできる限り押さえ込み、パンデミック後の成長につなげていくことは、日本を含む国際社会全体が一致して取り組むべき課題です。

  日本は、新型コロナウイルス感染症の一日も早い沈静化及び国際社会・経済の回復と安定に向けて、引き続き貢献していきます。