藤山大使のカラカルパクスタン共和国訪問

2021/12/14
1
2
 11月25日、藤山大使はカラカルパクスタン共和国を訪問し、カマーロフ・カラカルパクスタン共和国最高議会議長と懇談しました。また、国際機関連携無償資金協力の枠内でUNDPおよびUNFPAにより実施されている「アラル海地域における健康、環境及び経済的不安に対する地域社会強靱化計画」の案件現場を視察しました。
3
4
 ヌクスのユースシアターでは、12月5日の国際ボランティア・デーを記念して、UNDPのプロジェクトの下で保健分野の啓もう活動に従事したコミュニティ・ボランティアの表彰式が行われました。また、藤山大使はチンバイ地区において、青果を保管するための保冷施設および、住民550人の村に新たに設置された上水施設の開所式に参加しました。市民の飲料水へのアクセスが、同地区では喫緊の課題の一つでした。
 藤山大使はまた、子宮頸がんの検査機器が供与されたクリニックを訪問しました。検査が実施されたことで、既に50人の女性が子宮頸がんを克服しました。日本政府は引き続き、アラル海の環境被害によって引き起こされている課題の解決に向けて貢献していきます。